マラソンと経営

2011年10月31日

昨日、第一回大阪マラソンに参加してきました。

 

 

マラソンと経営   マラソンと経営

 

 

この時期のレースとしてはベストなコンディション。

暑くなく、日も照りつけず、風もない。

でも湿度が高いせいか、汗が思いのほか多く出て、

給水ポイントでは、立ち止まってがぶ飲みする事もありました。

 

 

私は自己ベストの更新、3時間15分を目標にスタートしましたが、

本番2週間前の練習で、追い込み過ぎたのか、足の疲労が全然取れず、

痛みも出て来て、レースまでの2週間は治療に専念し、思うように練習できなかった事から、

スタート直後から中間地点までは、4分30秒/km位のペースを維持できていましたが、

痛めた部分はスタート直後から痛み出し、後半は大失速となりました。

 

 

しかし、おかげさまで、3時間31分のタイムで完走する事が出来ました。

マラソンは、怪我も調整失敗もすべてが自己責任!

ハンディなしの勝負です。

 

 

いくら十分な準備をしても、思いがけない事で結果が変わってしまう事がある。

実はこれは経営にも言えることで、経営も一切ハンディの無い世界。

そしてすべてが自己責任。

 

 

順調よく進んでいたプロジェクトも、外的要因で振り出しに戻る。

円高、社員の問題、取引先・・・・

また、マラソンも経営も、的確な目標を決める事により、

結果に大きな影響が出てくる。

周りの応援もそう、手を差し伸べて助けてはくれないけど、すごくそれが、大きな力となる。

このような部分が、マラソン、経営、共に言えることで、

経営者がマラソンにはまる部分ではないでしょうか!

 

 

 

ともあれ、今回を教訓に、3月の篠山マラソンでリベンジします。

今回、大阪マラソンの出場にあたり、いろんな形で、大勢の方々に応援頂きました。

本当にありがとうございました。 

大きな力となりました。

Copyright© 2013 れいあうと・にっしん株式会社. All Rights Reserved.